大原の勝晃丸から一つテンヤマダイ釣りに行ってきた! - PANDA made LURE III

大原の勝晃丸から一つテンヤマダイ釣りに行ってきた!

2015年4月27日 平日の月曜日、大原の勝晃丸から一つテンヤマダイ釣りに行ってきました。
釣りほぼ初心者のアキヒサと二人です。
ホントは飯岡の梅花丸に行きたかったんだけど平日は午前船しかなくて、初心者のアキヒサには午前船の4時半出船は無理と思って午後船を探してたら、この勝晃丸を見つけました。

大原港には、他にも幸丸や富士丸、あままさ丸、長福丸など、さすがテンヤのメッカと言われるだけあってたくさんの船宿がありましたが、勝晃丸に決めたのはただ単純に釣割でのポイントが期間限定で2倍になっていたから^^;

でも結果的にこの船宿はすごく気に入りました。船長さんも仲乗りさんもすごくいい人で、「さっきのところより根掛かり多いから気をつけて」とかいろいろアドバイスしてくれましたし、初心者のアキヒサに親切丁寧に釣り方のレクチャーしてくれたり、ウマズラやショウサイフグも全部さばいてくれたり。この勝晃丸にはまた来たいと思います。

大原勝晃丸一つテンヤマダイ釣り01.JPG
午前11時に集合ということで、朝の8時に神田で待ち合わせして出発した。googleマップの経路案内では渋滞なしで1時間半と出ていたのだが渋滞、昼メシ、釣具屋に寄り道を考えて3時間前に出発した。途中マックでメシ食って、釣具屋でテンヤを買って大原港に到着したのが10時半、ほぼ予定通りである。

大原勝晃丸一つテンヤマダイ釣り03.JPG
この日は長潮手前の小潮の日だったがやたら潮が速かった。後半風も出てきて釣りづらかったです。
ポイントは4回移動しましたが、どこに行ってもウマヅラの猛攻に会いマダイは小さいのが1匹という不甲斐ない結果に終わりました。

ウマヅラだけで7〜8匹ぐらい?
大原勝晃丸一つテンヤマダイ釣り02.JPG

ウマヅラの場合、アタリはコツンとかビクビクとかではなくてスーっとラインが吸い込まれる感じでした。波やうねりでラインを持っていかれるのと似た感じなので慣れないうちは合わせるのが難しかったです。

船長さんは「その釣り方でウマが釣れてるなら、真鯛がいれば絶対釣れてる。今日は真鯛がいないみたいだ」って言ってました。

私的には飯岡は型は小さいがマダイやハナダイがたくさん釣れていて、大原は一発大物狙いという印象だったので、最後まで集中して2〜3Kgのマダイを狙っていたのですがこの日はどうやらダメだったようです。

日によっては大型が何枚も釣れるよって言っていたので、また次回にチャレンジしたいと思っています。

大原勝晃丸一つテンヤマダイ釣り04.JPG

釣りの後は近くの日帰り温泉 スパ&リゾート九十九里 太陽の里で風呂に入ってメシ食って帰ってきました。釣りの後に温泉入るのはマジで気持ちが良いですね。かなり充実した一日になりました(^o^)
by カエレバ


↑私が行く船宿は全てこのサイトで検索・予約しています。
釣りに行くたびにポイントが溜まって3000円の商品券とかもらえますので良かったらどーぞ。  

タグキーワード
一つテンヤマダイ釣りカテゴリの最新記事
| 茨城 ☁ Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright © PANDA made LURE III All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます